今のところただのネトウヨに過ぎないことを自覚し、いずれ来る時のために爪を研ぐ。


投票所

面白かったら投票お願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ



よりぬき

★いちおう時系列で。



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



プロフィール

カタリーナ

Author:カタリーナ
床屋談義をしたいばかりに、理容師めざして奮闘中☆



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「憲法改正」or「憲法の拡大解釈」
憲法原理主義の方々が、現憲法を一文字たりとも変えないようにと必死になってることが浅学な私にはどうしても理解できないんです。

一文字でも変えたらそれが引き金となってどんどん暴走するから、ダメ!絶対!」とかいうのがお定まりの口上なんでしょうけど、じゃあ憲法の拡大解釈はどうなのかと思うわけです。正当な手続きを踏んだ上での憲法改正より、拡大解釈のほうがよっぽど暴走する確率が高まるでしょう、普通に考えて。

そもそも自衛隊だって拡大解釈の産物なわけですよね、言っちゃ悪いけど。宗主国がゴリ押しして国民を誘導させたから今ではごく当たり前のことになってるってだけの話で。

「よーし軍備増強して侵略戦争おっぱじめるぜ!」とか本気で考えてる勢力がいるとしたら、議論を重ねた上での国民総意として憲法改正やられたら逆に一番困ると思うんですけど。現憲法を後生大事に抱えてる人のほうが多いほど、対応しきれない現実に抗えず拡大解釈しやすいし暴走しやすいと思うんですがね。

嫌味じゃなくて、素でわかんない。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。