今のところただのネトウヨに過ぎないことを自覚し、いずれ来る時のために爪を研ぐ。


投票所

面白かったら投票お願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ



よりぬき

★いちおう時系列で。



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



プロフィール

カタリーナ

Author:カタリーナ
床屋談義をしたいばかりに、理容師めざして奮闘中☆



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


衆院解散クロニクル1
動いてますなあ。

移植法採決後の解散を=自民・古賀氏
 自民党の古賀誠選対委員長は26日夜、茨城県取手市内で講演し、衆院解散の時期について「解散の日にちまで(7月2日と)言いだしている人がいるが、まさかそんなことはないだろう。長年の懸案だった臓器移植法改正案も参院に結論を出してもらえればいい」と述べ、同改正案の採決後に解散すべきだとの考えを示した。古賀氏は「7月12日の東京都議選と衆院選は絶対同時にやりたいと、麻生太郎首相に言い続けてきた」と強調。ただ、同日選の可能性はなくなり、古賀氏は「大事な法案を成立させるというなら、同日選に踏み切らなかったのも一つの考え方で、許容範囲内だ」と語った。(2009/06/26-21:38)


そうなんすか。麻生首相は古賀氏の助言を全力で無視していたわけですか。なるほど。


首相、8月上旬投票念頭に解散の意向…閣僚補充人事も検討
 麻生首相は26日、衆院解散・総選挙について、「(解散)時期はしかるべき時に自分で判断する」と述べ、8月上旬の投開票を念頭に自らの手で解散を行う決意を改めて示した。
(略)
 首相は26日、首相官邸で公明党の太田代表と会談し、衆院解散の時期について協議した。太田氏は、東京都議選(7月3日告示、同12日投開票)に関し、「何とか勝ち抜かないといけない」と述べ、都議選前の衆院解散は避けるべきだとの考えを伝えた。これに関連し、公明党幹部は26日、「首相との会談後、太田氏から電話で『7月2日解散の話はなかった』との報告を受けた。2日の解散はないと受け止めている」と記者団に述べた。
 首相周辺は26日、「解散は都議選後だ」と語った。



この人、本気で自民党をぶっ壊す気みたいですね。
錚々たる顔ぶれのご先祖様たちが、草葉の陰でお泣きのようですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。