今のところただのネトウヨに過ぎないことを自覚し、いずれ来る時のために爪を研ぐ。


投票所

面白かったら投票お願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ



よりぬき

★いちおう時系列で。



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



プロフィール

カタリーナ

Author:カタリーナ
床屋談義をしたいばかりに、理容師めざして奮闘中☆



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国賊・麻生太郎君妄言録
でも作ろうかと思ったけど、時間の無駄なのでやめました。

「都議選が厳しい戦いだと承知しているが、あくまで地方選だ。私は首相として日本の政治に責任を持っている。国民を守り、日本を守る。そのために今後とも責任を果たすことに全く変わりはない」

いや、お前に守られたくないし(笑)

この男の存在で我が国がどれだけの損害を被ったのか、本当に明らかになるのはもう少し先だと思いますが、これで自民党の与党返り咲きはほぼ永遠になくなりましたねー。100回死ねよ。


以下コピーペ。

「麻生退陣」へカウントダウン 突き放す小泉、石原氏は「総総分離」を提起 7・13に重大局面?
 12日投開票の東京都議選で自民党の苦戦が伝えられる中、麻生太郎首相に退陣を迫る動きが加速している。先の衆院選で自民党を大勝に導いた小泉純一郎元首相は「首相は自発的に退陣すべきだ」との考えを周囲に示し、東京都の石原慎太郎知事も「『次の党のトップはこの人だ』という旗を掲げた方が選挙はマイナスが少なくなる」と突き放した。主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)の日程を終えた首相は10日夜(日本時間11日朝)にローマを発ち、11日夕に帰国予定だが、週明けの13日にも重大決断を迫られる公算が大きくなった。
  「都議選が厳しい戦いだと承知しているが、あくまで地方選だ。私は首相として日本の政治に責任を持っている。国民を守り、日本を守る。そのために今後とも責任を果たすことに全く変わりはない」
 10日午後(日本時間10日夜)、首相はサミット閉幕後の記者会見でこう述べ、解散にも「近々判断したい」と意欲を示した。だが、自民党の情勢は逐一首相の耳に入っており、やせこけた頬(ほお)は心労をうかがわせた。
 「麻生さん、やつれたな。北朝鮮の金正日総書記もげっそりだけどな…」
 北海道を遊説旅行中の小泉氏は、首相の映像を見た感想をこう漏らした。10日の稚内市での講演では「最近は神通力がなくなったと言われたが、もともとそんなものはない。首相の権力ももうない。あるのは鈍感力くらいだ」ととぼけたが、屈指の「勝負師」が今の政治情勢に関心がないわけがない。
 小泉氏は首相が昨年10月の解散を見送った時点で首相を見限っていたフシがある。小泉氏は昨秋に解散すれば自民、公明両党で過半数を取れるとみていただけに「なんのために福田康夫前首相が辞めたか分からないじゃないか」と地団駄(じだんだ)を踏んだ。加えて首相が2月に郵政民営化見直しを示唆したことで「不信」は「反感」に変わったようだ。
 そんな小泉氏は「首相はもはや解散できない」と踏む。もし無理に解散権を行使しようとすれば公明党が猛反発し、自公選挙協力は困難となる。残るは「自発的な退陣」のみというわけだ。
 「ここまできたら流れは変わらない。自民党は一度野党になればいい。民主党は古い自民党だ。政権を取ればどうしようもないことが分かる。持って年内ではないか」
 今も若手・中堅議員に厳然たる影響力を持つ小泉氏が「首相退陣やむなし」と判断したことは「麻生降ろし」の本格化を意味する。
 一方、石原氏の10日の記者会見も波紋を呼んだ。都議選情勢について「国政には自民党に責任があるが、そのあおりを都議会が被(こうむ)るのは論外だ」と怒りの矛先を自民党に向け、「首相ももうダメなら1日でも長くやりたいんじゃないの」と突き放した。
 そこで石原氏が提案したのは、首相(内閣総理大臣)と自民党総裁を分離する「総総分離」だ。衆院解散後も麻生首相に任務を全うさせ、自民党は新総裁を掲げた方がメリットが大きいというわけだ。
 12日の都議選で自民党が敗退しても首相が退陣しなければ、党内で両院議員総会を求める声が高まるのは必至だ。党所属国会議員の3分の1(128人)以上の署名が集まれば開催は避けられず、総裁選前倒しは決まったも同然となる。
 動きが広がる前に衆院を解散するか。総総分離に応じるか。退陣するか。首相の選択肢は3つに1つしかない。首相の祖父、吉田茂元首相は昭和29年に欧米7カ国を外遊中に吉田包囲網を敷かれ、帰国後内閣総辞職に追い込まれた。首相も同じ道を歩むのだろうか。

スポンサーサイト

コメント

国賊は民主。

マニフェストも与党になったら変えていい。とテレビ発言。

民主は日本を中国に売り渡す気満々。
岡田は沖縄は中国のものだ発言してるし。

http://www35.atwiki.jp/kolia/
[2009/08/01 06:42] URL | 日本人やめたいの? #0pzQE/JY [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。