今のところただのネトウヨに過ぎないことを自覚し、いずれ来る時のために爪を研ぐ。


投票所

面白かったら投票お願いします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ



よりぬき

★いちおう時系列で。



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



検索フォーム



プロフィール

カタリーナ

Author:カタリーナ
床屋談義をしたいばかりに、理容師めざして奮闘中☆



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


社民党を支持してる奴らが心の底から理解できない
ことあるごとに対米追従とか言うけど、アメリカと仲良くやらないでどうやって日本は生き延びればいいの? 自衛隊は軍隊じゃないって憲法に書いてあるよね? 軍隊持たない国が、軍隊持ってる国と同盟も結ばないで大丈夫なの? 心の中で世界平和を唱えれてればそれは実現するの? 本気でそんなこと思ってんの? 頭弱いんじゃないの? バカなの? 脳味噌溶けちゃったの?


何かの事情で小学校を出てないのかもしれないから、ここからはふりがなをふるね。


日本(にほん)とアメリカが、今(いま)から65年(ねん)ほど前(まえ)に戦争(せんそう)してたことは知(し)ってる? 残念(ざんねん)ながら日本はアメリカに負(ま)けちゃったんだ。石原莞爾(いしはらかんじ)っていう昔(むかし)の偉(えら)い人(ひと)が、その戦争の前に「日本とアメリカが戦争するようなことがあれば、それは『世界最終戦争(せかいさいしゅうせんそう)』になるだろう」って予言(よげん)したんだ。そしてそれは本当(ほんとう)のことだったんだよ。日本がアメリカと対等(たいとう)になる機会(きかい)は、もう永久(えいきゅう)になくなってしまったんだ。アメリカが消滅(しょうめつ)しない限(かぎ)りはね。

世界平和(せかいへいわ)がどうやったら実現(じつげん)するのか、おとうさんやおかあさんと真剣(しんけん)に議論(ぎろん)してみるのもいいかもしれないね。あ、学校(がっこう)の先生(せんせい)じゃダメだよ。あの人たちは、「日教組(にっきょうそ)」っていう、とても悪(わる)い組織(そしき)に洗脳(せんのう)されてるんだ。きちんと自分(じぶん)の頭(あたま)で考(かんが)えることが大切(たいせつ)だよ。



[追記]

本文中に誤記がありましたので訂正します。

(誤)「自衛隊は軍隊じゃないって憲法に書いてあるよね? 軍隊持たない国が、軍隊持ってる国と同盟も結ばないで大丈夫なの?」
 ↓
(正)「原則論として、自衛隊は憲法が禁じるところの『陸海空軍その他の戦力』じゃないよね? 戦力持たない国が、戦力持ってる国と同盟も結ばないで大丈夫なの?」
スポンサーサイト


コメント

同感です。
憲法上交戦はできませんから、アメリカと同盟を結ぶのは当然のことだと思います。

しかし困ったことに、支持している奴らというか憲法9条を信奉している人たちなどは本気で「憲法9条があれば攻撃されない」とか思っていることですね……。

YouTube - 国防なんて日本には不要座談会←日本を滅ぼしたいんですか?
http://jp.youtube.com/watch?v=pBra6bd_xfQ
[2009/01/18 09:16] URL | かえで #- [ 編集 ]


・かえで様

コメントありがとうございます。
リンク先、初見でした。脳が溶けそうになりました。
9条支持者ってもう原理主義だから、議論が成立しないんですよねえ…。

[2009/01/18 12:58] URL | hwbc #- [ 編集 ]


憲法には自衛隊が軍隊ではないとか、軍隊であるとか、そんな事はひとっことも書いていないと思うのですが?
もう一度イチから憲法のお勉強をすべきではないでしょうか???
[2009/01/18 18:01] URL | maronhappy #g08cVI36 [ 編集 ]


・maronhappy様

たいへん貴重なコメント、ありがとうございます。

>憲法には自衛隊が軍隊ではないとか、軍隊であるとか、そんな事はひとっことも書いていないと思うのですが?

全くご指摘の通りです。日本国憲法第9条第2項には「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」という記述しかありません。謹んで訂正いたします。お詫びはしませんが。

そもそも日本国憲法は、ご承知の通り1947年5月3日に施行されてから一文字の改正もありませんので、「自衛隊」という言葉自体が記載されるはずがありませんね。自衛隊の前身である警察予備隊ですら創設は1950年ですので。こちらに関しましても当方の不注意でした。謹んで訂正いたします。お詫びはしませんが。

ちなみに蛇足ではありますが、第二次世界大戦後に新憲法を制定したドイツは、その後51回もの憲法改正を行ったそうですね。文化の違いといったところでしょうか。

当該箇所につきましては、自衛隊が、憲法9条にて保持を禁じられている「陸海空軍その他の戦力」に当たらないという前提のもとに記述してしまいました。手短に言うと、端折りすぎてしまったということです。今後は、より正確な記述を心がけるよう精進いたします。


>もう一度イチから憲法のお勉強をすべきではないでしょうか???

日々勉強を心がけている身ですので、激励の言葉を頂戴し感謝の念に堪えません。でも、余計なお世話です。
[2009/01/18 20:56] URL | hwbc #- [ 編集 ]

トラックバックありがとうございます
社民党京都府連合の野崎靖仁と申します。

私のブログにトラックバックをいただき、
ありがとうございます。

これは個人的な見解ですが、
私は自衛隊や日米同盟を否定しません。

ただ、自衛隊は国土防衛に徹すべきですし、
在日米軍基地の問題を考えれば、
現在の日米安保体制を
丸ごと肯定するわけにもいきません。

石原莞爾の
『最終戦争論』を読んだことがありますが、
①日本を盟主とする東亜連盟
②西洋の中心たるアメリカ合衆国 の両者で
最終戦争が行われると書いてあります。

日本は東亜連盟を建設する以前に、
第二次大戦で敗北してしまいました。

その意味では、はじめから日米が対等になる
機会はなかったのかもしれません。

機会がありましたら、
コメントをお寄せいただければ幸いです。

長文のコメント、失礼いたしました。
[2009/01/19 00:02] URL | 野崎靖仁 #- [ 編集 ]

こちらこそありがとうございます
●野崎靖仁さま

このようなエントリーに、まさか社民党の方が真摯に、しかも実名でお応えいただくとは全く想像しておりませんでした。考え方の違いはありますが敬意を表します。もちろん皮肉ではなく。

さて、頂戴したコメントですがたいへん興味深く拝見しました。
リスクを背負って、このような駄ブログに率直な意見を載せていただき、感謝します。

では本題を。


・自衛隊について

憲法上、自衛隊は「軍隊」であるわけにはいきませんから、自衛隊は事実上・社会通念上どうであれ、「軍隊ではない」というのが私の考えです。しかし諸外国ではArmy/Navy/Air Forceと呼ばれ、軍隊扱いされているのはご承知の通りです。
個人的な意見を極端に言えば、
「アメリカに作らされた自衛隊は、その始まりからそもそも違憲だった。ここから発生し、拡大する一方の『憲法と現実のねじれ』を解消するために、正当な手続きを踏んだ上で、正式に『自衛軍』とすべきである」
というものです。
「自衛隊は国土防衛に徹すべき」とのお考えについては、平行線をたどるのが目に見えるのでここでは控えさせていただきます。


・日米安保体制について

>在日米軍基地の問題を考えれば、現在の日米安保体制を丸ごと肯定するわけにもいきません。

なぜでしょうか? 在日米軍基地問題については全くといっていいほど無知なので何もお答えできないのですが、「第二次大戦で日本がアメリカに負けた」、それが全てだと考えます。負けた側に肯定・否定する最終決定権はあるのでしょうか? もちろん何でもアメリカの言いなりになるべきではありません。ですが、いくら美辞麗句を並べ立てても、その背後で決定権を持っているのはいつの時代も「戦力」です。当たり前すぎるほど当たり前の話です。


・『最終戦争論』について

おおむね同意です。当時、石原莞爾の主張はほとんど誰も理解できていなかったのだと思います。
東亜連盟建設の失敗が、日本の敗戦の始まりだったのかもしれません。結果論でしかありませんが。


こちらも長文になってしまいました。
機会がありましたら是非またいらしてください。
[2009/01/19 01:55] URL | hwbc #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。